大仙公園日本庭園で伝統の朝顔の展示が行われています

江戸時代に大変なブームになった伝統園芸植物でもある朝顔の展示が、大仙公園の日本庭園で7月下旬より行われている。
大輪朝顔に加え、変化朝顔も展示を今後行っていく予定。

 

 

●大輪朝顔
大阪では大輪朝顔のブームが続き、明治以降も大阪朝顔としてより大きく見事になるよう品種改良が進められました。
とにかく大きく見事な花を咲かせるジャンルで、一花に養分を集中させるなど独特な育て方をし、より大きなひと花を咲かせる。

 

●変化朝顔
主に江戸でブームになった奇抜な変異を楽しむ分野の朝顔です。
劣性遺伝の系統を選抜するなど(つまり大量に種を撒き、双葉の様子などで選抜していく)、これも咲かせるまでに大変な苦労を要します。

 

大輪朝顔展示
7月下旬~

変化朝顔展示
8月中旬頃~9月中旬頃

 

(クリックで拡大します)

 

 

2017 伝統の古典園芸シリーズⅢ『変化朝顔』
http://blog.livedoor.jp/nihonteien_event/archives/1841149.html

大仙公園日本庭園
http://www.daisenteien.jp/