堺市民芸術文化ホールの愛称が「フェニーチェ堺」に決定

49年間親しまれた堺市民会館の後継として作られる堺市の一大事業、堺市民芸術文化ホールの愛称が「フェニーチェ」堺に決定しました。
イタリア語で不死鳥を意味します。

堺市民芸術文化ホールは、舞台芸術の古来からの歴史のある堺の魅力を活かすべく、また平成18年に政令市となりまだまだ発展途上の堺市の、都市イメージや都市格を上げることも視野に
国際的な文化芸術の受け皿にもなり得るものとしてこれまで計画が進められてきたもので、「南大阪における芸術文化の創造・交流・発信の拠点」という狙いを打ち出し、国際的な芸術家の招聘もしうる施設となる予定です。
大ホール2000席に、小ホール300席の、大阪市含め、府内のどの自治体も持っていない規模の堺の顔となる施設となります。

関西における劇場の状況。

南大阪は芸術劇場空白地となっており、この規模の大規模なホールは無い状況にある。


堺市民芸術文化ホール フェニーチェ堺
http://www.city.sakai.lg.jp/kanko/bunka/geibunhall/index.html

愛称が「フェニーチェ堺」に決定しました!
http://www.city.sakai.lg.jp/kanko/bunka/geibunhall/aisho_logo/aisyoukettei.html

(仮称)堺市民芸術文化ホール運営管理方針(完成予想図やコンセプトなど計画内容)
http://www.city.sakai.lg.jp/kanko/bunka/geibunhall/koremadekeika/uneikanrihoushin.html