堺市が政令市初の下水道使用料実質値下げ

堺市では平成29年10月検針分から、下水道使用料の基本使用料を、現行の715円から50年引き下げ665円(1カ月あたり:税抜)にすることに成功した。
下水道事業の経営改善により、28年度決算見込みにおいて将来予定の下水道ビジョンを上回る純利益を確保できる予定になり、
今後の施設の老朽化対策・耐震化など市民の安全・安心を守る事業を着実に実施しながらも、経営の健全性が確保できる目途が立ったため、市民還元として下水道使用料を引き下げが可能な見通しになった。

引下げにより、1カ月に20立方メートル使用時(税込)では、月額2,848円から54円下がり、2,770円になります。

一般汚水下水道使用料の改定額

下水道使用料の計算例

上下水道料金早見表
一般家庭用・1カ月分・税込

また、今回の値下げは「政令市初の実質値下げ」であるという。
全国的に人口減の影響で水道料金の値上げが進む中、逆に値下げということは極めて珍しい。
逆に言えばそれだけ下げ余地がこれまで堺市にはあったともいえ、今回の経営改善は大変すばらしいことだろうと思われます。

堺市上下水道局
平成29年10月検針分から下水道使用料の基本使用料を50円引き下げます
http://water.city.sakai.lg.jp/chumoku/hikisage.html