いたすけ古墳の樹木伐採に反対のネット署名運動。意見書を堺市に提出

change.orgでいたすけ古墳の森林伐採をやるべきではないとの趣旨で署名運動が行われ
目標の100人を超えたとして、108名の署名とともに9月16日、堺市に意見書を提出したという。

 

 

 

かつて戦後、天皇陵とされたものはさておき、多くの古墳は放置され、どこも宅地開発で削られたり、杜撰な管理がなされた。
いたすけ古墳もまた破壊されようとしていたが、文化財としての価値を訴える市民運動により守られた。
現在の古墳保護の動きの契機となったものとして知られる。

そのため当時の工事のためにかけられた橋などが「あえて」教訓にそのままにしてある。
現在ではタヌキの親子が住むことでも有名。

 

しかし世界文化遺産の国内推薦が決まり、整備として樹木伐採が計画されている。
狸の親子の生活はどうなるのか?あえて今のままのほうがいいのではないか?など意見があるのだ。

 

 

change.org 大阪府堺市「いたすけ古墳」世界文化遺産登録のための森林伐採を止めさせましょう。
https://www.change.org/p/大阪府堺市-いたすけ古墳-世界遺産登録のための森林伐採を止めさせましょう
世界遺産へ向けた樹木伐採で〝タヌキの住む古墳〟の主たちはどうなる? 堺市 / 産経新聞
http://www.sankei.com/smp/west/news/170809/wst1708090062-s1.html