堺市保健所が保護動物の写真をHPに載せない理由とは?

堺市保健所でも行き先のないペット動物の保護と、その譲渡をやっています。

ペット動物の殺処分ゼロを目指すかたがたのサイトで、堺市保健所(動物指導センター)を取材に行った記事がある。

 

このなかで、堺市があえて動物個体写真をサイトに掲載していない意図が説明されている。

 

 「なぜ、HPに写真を載せないんですか?」と質問すると、「写真だけでは特性は伝わらないので面談をして、その方が本当に動物を飼えそうな人かどうか、その犬が本当に幸せに暮らせるかどうかということを、第一に考えています。」

「迷子のワンちゃんの写真は載せているのですが、その場合でも『可愛いから飼いたい!』と犬を飼えない環境でありながら譲渡を希望する方もいるため、その対応に追われることも、要因のひとつです。」

「ですので、まず登録して頂いて、飼いたい犬種(猫種)やその他の希望をうかがい、住環境を確認させて頂いてから、犬猫の性格にあった飼い主さんであれば連絡を入れるということをしています。ここにいる子達はそれぞれ事情があってここにいるので、写真を見て『この子!』という突発的な衝動で飼うような事になると、あとで問題となることが多いのです。」

 

その他堺市の動物指導センターが詳しく紹介され、絶賛されています。

 

 

動物の立場になり考える動物行政、堺市動物指導センターがHPに写真を載せない理由とは @保健所向上委員会
http://hki12.net/change_gov/272.html