さかい利晶の杜、年間約2億円赤字!という不当な中傷

大阪維新の会は、さかい利晶の杜について、「年間2億赤字」と激しく攻撃するが

これは行政の文化施設というものを分かっていないか、分かっていて選挙目的に煽動しているかいずれかです。

 

 

市民サービスとして運営されているものであり、これは民間の営利ビジネスありきではないのです。

年間運営費をかけけて行うことはむしろ普通であり

これは元からそういうつもりで計画されており、経営失敗で赤字が出てるというものではない。

 

 

この年間2億という数字は別段突出したものではない。

 

堺ジャーナルがこのあたりの比較を掲載している

さかい利晶の杜 約3億円赤字

大阪市立美術館 約2億5千万円赤字

大阪 新美術館 約3億円赤字予想

大阪歴史博物館 約6億円赤字

(あえて維新風にこれを「赤字」というならば)

 

そもそも年間維持費がかかるはなしであることは、これで明白でしょう。

 

また、この中にある「大阪新美術館」は、現在大阪市の中之島に建設が計画されているもので

まだ存在しないものです。

その建設計画の資料を見てみましょう。

(新美術館を別途建てるか、既存の市立美術館を拡充して充てるかの比較をしている)

 

年間マイナス3.8憶の維持費と算出されている。

つまり、ここから分かることは、この手の文化施設ははなから年間運営費出して維持する前提の計画のもの。

そもそもこういうもの…ということです。

利晶の杜も同様。その当然の運営費を「赤字だ!」とあたかも経営に失敗して結果そうなったかのような攻撃は極めて悪質なレッテルであろう。

市民サービスとしてやっているもので、営利ビジネスとは違うのだ。