西てつし市議、堺の財政に関する維新演説に「よくわからん」

西てつし堺市議(ソレイユ堺)が津久野駅の自身の事務所前で行われていた維新の演説を聞き、「よくわからん」と指摘。

事務所で作業をしながら流れて来る声を聴いていたそうですが、札場市議は「堺市の財政は悪いと」いい、
水ノ上市議は「堺の財政はいいかもしれないが使うべきところに使っていない」と演説。
「いったいどのように理解したらいいのだろうか純粋によくわかりません」と感想を述べる。

堺市の財政事情評価については市債が増えていることをもって維新はタウンミーティングやWeb発信を熱心に行っている。
実はしかし市議会では維新議員は堺市の財政がとても健全ということを認めてもおり、矛盾したことを言っていることはあまり知られていない。

 

平成27年度決算審査特別委員会-09月21日議事録、議長である的場委員長によれば、

的場慎一(維新):財政運営についてであります。堺市における平成27年度の決算ですが、
普通会計の実質収支は約21億円、21億1,000万円の黒字、単年度収支は約3億7,000万円の黒字となり、36年連続黒字を維持し、
また、企業会計を含めた全ての会計で、実質収支と資金収支が黒字となりました。
確かに健全化判断比率は、実質公債費比率が5.5%、将来負担比率15.6%と、それぞれ国が定める早期健全化基準である25%及び400%をそれぞれ大幅に下回り、政令市トップクラスの健全性を維持していると言えます。
大綱質疑や総括質疑における結論の中で、財政健全化の4つの指標は、ほかの政令指定都市に比べてトップレベルであるとの認識を財政当局は示されました。この4指標は主に過去の財政運営に対する結果や評価を示しています。

 

どちらが正しいのでしょうか?
市債が増えていることをTMなどでは盛んに維新の発信ではなされている。
しかし実はこれは国の交付金の建て替えである臨時財政対策債を合算しての値を述べている。
大阪府、大阪市ではこれらは負債には当たらないとし、差し引きして財政再建アピールをしているため
堺維新の堺市財政批判での数値はダブルスタンダードと言えます。

 

堺市の財政は維新スタンダードの基準で査定すると、本来各種財政指標は健全であり、党利的な視点での喧伝なのではないかと考えられます。

堺市ホームページには堺市財政について、実質公債費比率、将来負担比率、一人あたりの市債残高といった客観的な財政指標を示しているので参考にされたい。

 

 

 

堺市ホームページ:堺市の財政状況
http://www.city.sakai.lg.jp/shisei/gyosei/kaikaku/zaisei/zaiseijokyo.html

西てつし市議 Twitter投稿
https://twitter.com/nishitetsu1977/status/864768041111834624

堺市議会議事録 平成27年度決算審査特別委員会(09月21日)
http://www12.gijiroku.com/sakai/