堺市HP、7月の市長あいさつは、古墳群の世界遺産登録が中心

堺市HPの7月の市長あいさつのページが更新されていますが、今月の話題の中心は、今月末に決定する「「百舌鳥・古市古墳群」の世界遺産登録と、
それに関係する数々の堺市の古墳関連のイベントについての告知が中心です。

堺市博物館の企画展「シークレット・オブKOFUN」、さかい利晶の杜の推進イベント「FUN!FUN!KOFUN!!」、大浜公園での世界文化遺産登録を音楽で応援する参加費無料のロックフェスティバルなどが紹介されている。

そのほかには、待機児童解消のための認定こども園の整備費に係る補正予算案等が可決など、子育て世帯へ向けた施策が紹介されている。

 

去る6月26日に平成29年第2回市議会が閉会しました。
この議会では、待機児童解消のための認定こども園の整備費に係る補正予算案等が可決されました。今後とも、ますます高まる保育ニーズに迅速、的確に対応し、堺市に住む方々が、安心して子どもを産み、育てられるよう、子育て日本一のまちをめざします。

今月末には、今年度の世界文化遺産登録の国内推薦が決定します。市内各所では、市民、企業、行政が一体となって、百舌鳥・古市古墳群の世界文化遺産登録を応援する様々なイベントが開催されます。
去る6月18日には、堺商工会議所で「百舌鳥・古市古墳群の世界遺産登録を応援する堺市民の集い」が開催されました。基調講演では、和歌山県世界遺産センター長の辻林浩さんから、人類の共通の宝物である世界遺産を後世に継承するための貴重なアドバイスをいただきました。その後の特別対談では、堺親善大使をお願いしている黒谷友香さんと山之口商店街で古墳グッズ等を販売されている松永友美さんから、世界文化遺産登録に向けた熱い応援の言葉をいただきました。

さかい利晶の杜では、6月25日から8月27日までの間、世界文化遺産登録推進イベント「FUN!FUN!KOFUN!!」が開催されます。はにわグッズなどの展示のほか、はにわの和菓子作り体験も行なわれます。

堺市博物館では、7月22日から9月3日までの間、企画展「シークレット・オブKOFUN」を開催します。古墳のイロハがわかる若手研究者の講演会のほか、勾玉やハニワをつくる体験学習会も実施します。

大浜公園では、7月22日、23日に世界文化遺産登録を音楽で応援する参加費無料のロックフェスティバルが開催されます。約130組のアーティストが登場し、会場を盛り上げます。世界遺産のPRに関連するブースも用意されます。

この1か月が正念場で、ラストスパートをかけます。最後まで詰めを怠ることなく、市民の皆さんの更なるお力添えを得て、国内推薦を勝ち取り、百舌鳥・古市古墳群の世界文化遺産登録を実現したいと考えています。

 

堺市HP ようこそ市長室へ
http://www.city.sakai.lg.jp/shichoshitsu/index.html