維新の吉村大阪市長、中野としこ府議、自共共闘と批判もブーメラン

中野としこ大阪府議、ならびに吉村洋文大阪市長(共に維新)が、ひたすら「共産党が竹山市長を応援している!」と共産アレルギー層を切り崩そうとTwitterで繰り返している。

 

 

 

共産党は「堺市を廃止から守れ」と現職竹山市長を「自主的に」今回応援するとしている。
自民党や日本のこころなど他の政党は今回竹山市長を「推薦」しているに対し、共産党は「自主支援」としており、あくまで外部の動きである。
自民党は現職の市政を「推薦」しているのであって、何も共産党を推薦しているわけではあるまいし、難癖とも言うべき主張でしょう。

 

このおかしな論理が成り立つとするならば、共産党が維新の永藤・立候補予定所を「自主支援」打ち出せば、維新は永藤氏の公認を取り下げる必要がある。
吉村大阪市長などが今回貼ってるレッテルとはそういう無茶苦茶な論理なのです。
冷静になれば、おかしなことを言って煽動していると分かるはずです。

 

 

また、維新という政党はこれまでにも幾度も共産と共闘や相乗りをしてきている実態がある。

 

 

●北海道知事選

2015年3月告示 北海道知事選では、自公擁立の現職知事の高橋はるみ知事に対し、
民主党北海道・市民ネットワーク北海道支持の佐藤のりゆき候補に、共産、維新、新党大地、社民が支援の構図をやっている。
http://doumin.exblog.jp/21567660/

●阪南市長選

また2016年10月告示の阪南市長選では、維新は社会福祉協議会会長の会長の水野健二氏を維新推薦として擁立します
阪南市長選での争点は、現職の総合こども館計画といって、保育所の統合案の賛否で、議会では共産党のみが反対し、それに水野氏は親身になってきたかたで、本来共産側の主張に近く、当然選挙でもこの争点ですから、共産党は表に出ないながらも応援する立場でした。

当時開かれた「水野けんじさんと語り合う会」の様子がこちらのBlogに上がっているが、水野氏が反対団体に近い位置にいたことや、
会場出口で、水野氏をはさみ、丸山穂高衆議院議員(維新)と、宮本たけし衆議院議員(共産)が立ってみなさんに握手していたとのことが報告されている。
http://blog.livedoor.jp/tree_village_road/archives/7824324.html

●沖縄 浦添市長選

つい最近、2017年2月の選挙。前職の松本哲治市長(自公推薦)に対し、翁長知事系の又吉健太郎氏が挑む構図。又吉氏は、共産や社民などの「オール沖縄」勢力の候補で、そこに維新も支持表明で相乗りしています。
http://mainichi.jp/senkyo/articles/20170213/k00/00e/010/112000c

 

民進との現職相乗りなら、維新にはもっとたくさん事例があります。

堺市民が他所の自治体での維新の行動まで知らないことをいいことに、くだらない中傷で選挙をやろうとしています。
「現職の政治を支持する」そのシンプルな観点からそれぞれが賛否表明するのは当然のことであり、竹山市長の市政を推薦することと、共産党を支持することは全く違うのに、ミスリードを図っているとしか思えません。

 

また、自供相乗り構図は、岩手において「小沢王国」打破のためにおこなわれたことがあります。
大阪で圧倒的な強さを誇る維新に対し、維新市長阻止のため、共産が独自候補見送るという今回の件は、この構図に近いように思えます。

 

 

永藤・立候補予定者自体は、このように「政策で訴えよう」と呼び掛けています。

 

しかし吉村大阪市長はじめ当の陣営のみなさんは、とにかくレッテルで票を削ることに執心です。
永藤氏本人の思いを酌んで、大阪市長はおとなしくしとくべきではないでしょうか?