吉村大阪市長、堺市長選での「都構想隠し」は自身の案と暴露

大阪市の吉村市長は、自身のTwitterで今回の堺市長選で都構想を隠す戦略を自身の案であることに言及した。
吉村氏は大阪維新の会の政調会長であり、今回、争点化させず有利に進める戦術の発案者ということなのでしょう。

 

 

吉村氏は大阪市長選でも同様の都構想を争点化させない戦略を取り、見事市長に当選した実績がある。

 

吉村氏の大阪市長選挙での選挙公報(一切都構想も、住民投票再実施にも触れず)

大阪市長選挙では、選挙公報に一切特別区住民投票の再実施に触れず、争点はそこではないと、その他の細かなん案件に選挙争点を持っていく戦略を取った。
結果、特別区住民投票では66.83%もの高投票率となり否決になったのに対し、この大阪市長選挙では投票率は50.51%に留まり、この投票率はその前の市長選も下回る結果である。
大阪市存続派のどれだけが「今回争点では無い」とし、投票に行かなかったのでしょうか?

しかし当選するや否や、信認は得たとし、住民投票再度に必要な法定協議会設置にまい進する状況となっている。

 

堺市長選でも、前回は大阪維新の会は都構想を全面に押し出し、失敗した経験を踏まえ、そこを争点化したくない思惑がすけて見えます。
実際には「4年間都構想議論はしない」としても、党として都構想を目指す方針には変わりはないのでしょうから、4年の市政がそれ前提で行われかねず、
現在まだ特別区に解体はされていない大阪市で行われているような、市の機能の統合や民営化、独立行政法人化などの案件が進む可能性は高い。

 

また、大阪市では現在公明党の推す「総合区」(今の行政区の権限を高める仕組み)も同時に議論するとし、、公明党から特別区住民投票再度に向けて協力を得ている。
しかし先日、吉村大阪市長が、身内の会合で「総合区はカモフラージュ」とはなからやる気がないままポーズでやってる風をしていると内実をばらしている映像が発覚、物議をかもしている。
(議会で共産党・山中大阪市議からカモフラージュ発言を問われたときは「そんな事実は無い」と否定し山中市議を厳しく糾弾したが、のちに映像が出てきて謝罪に追い込まれる)

【総合区はカモフラージュ!?】維新の吉村大阪市長 議会での嘘がバレる!
https://togetter.com/li/1148438

吉村市長「都構想をもう一回やりたい、この任期で。総合区とか戦略練って進めてるが、山の頂上は特別区をやり都構想をやり大阪を都にして日本を引っ張る街にしたい。

いろんな戦略は練るが、そこしか見てない。カモフラージュする時あるが、それは作戦

 

このような吉村大阪市長の誠実でない体質はいかがなものかと思いますし、
この吉村氏が政調会長として党の戦略を取り仕切っているという事実は押さえておきたいところです。

 

 

また大阪維新の会の永藤候補はかつて、このように政令市を解体すべきであるとの持論を繰り返し述べてきた人物です
プロフィールの住所も「大阪堺区」としていたほどの都構想への傾倒が凄い府議でした。
 

2016年4月ですから、ほんの1年ちょっと前の発言であり、今もその政令市としての堺を否定する考えは変わっているとは思えません。